WEBサービス WordPress

AWSでWordPress運用 -独自ドメイン設定 ムームードメイン-

投稿日:2013年1月5日 更新日:

AWSのEC2というサーバ、そして網元というWordPressにチューニングされたイメージにより、超簡単で、超高速な運用環境が手に入ります。

AWSのアカウント開設については記事にさせて頂きましたが、EC2の起ち上げや網元については、詳しく書かれている下記記事を参考にさせて頂きました。

AWS + 網元で、超高速 WordPress を手に入れよう、そうしよう
AWS EC2 + 網元でWordPressサイトを構築

ということで、サーバが起ち上がって、グローバルIPが既に付いているという状態からのスタートとなります。

では、独自ドメインを設定していきましょう!

普通に独自ドメインを設定したことがある方であれば、特に難しいことはありません。
まずはAWSのコンソールにログイン後、「Route53」ボタンをクリックします。
ドメイン1

 

Route53のサービス画面に入ったら「Create Hosted Zone」というボタンをクリックします。
ドメイン2

そうすると右側に入力欄が出てきます。
ドメイン3
Domain Name:のところには、設定した独自ドメイン名を、
Comment:欄には自由に(自分の場合は同じくドメイン名にしました。)
記入後、下のCreate Hosted Zoneボタンをクリックします。

次にレコードを設定します。
現れたドメインのチェックボックスにチェックを入れ上部の「Go to Record Sets」ボタンをクリックします。
ドメイン5

更に「Create Record Set」ボタンをクリックします。
ドメイン6

下記の赤い部分が設定できるレコードです。
ドメイン7

今回はサーバとドメインの紐付けですので、Aレコードを選択後、EC2のグローバルIPアドレスをValueの部分に記入して、下部にある「Create Record Set」ボタンをクリックします。
サブドメインやwwwなどは、一番上のName:の部分に記入すればOKです。
ドメイン8

最後にムームードメインのネームサーバをアマゾン側に向けます。
下記写真の赤い囲みの部分が設定するものになります。
ドメイン9

ムームー側は「取得したドメインで使用する」を選択後、上記情報を入力します。
ムームー1

以上で完了です。
ネームサーバをRoute53に向けて数秒後くらいには反映されてました。
この設定はムームードメインのカスタムDNSセットアップでもできるのですが、アマゾンのネームサーバは100%落ちないということを聞いたので、アマゾン側で設定することにしました。

-WEBサービス, WordPress

執筆者:


  1. […] AWSでWordPress運用 -独自ドメイン設定 ムームードメイン- | 仙台で働くWEB屋のブログ. […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

時間管理はtogglで!効率アップ〜原価計算まで PART4

toggl分析編 実際タイムトラッキングしてみたでしょうか? 分析編と言うと大げさですが、大事なのはPART1で書きましたが、振り返りです。 計画に対して結果がどうだったか? そこから導かれるのは何か …

時間管理はtogglで!効率アップ〜原価計算まで PART3

toggl応用編 まずはレポート。写真のタブをクリックしてください。 そんなに難しくないので、色んな角度からの分析をしてみると良いと思います。 下記の写真は昨年の実績です。あまり見せられる部分がなくて …

時間管理はtogglで!効率アップ〜原価計算まで PART5

効率アップについて togglで自分が実際どのような時間を過ごしているのか?計画に対しての結果のズレなどを見てきましたが、時間が可視化されたことにより「無駄」が非常に良く見えるようになったはずです。 …

時間管理はtogglで!効率アップ〜原価計算まで PART2

togglへのログイン ログインの方法が2通りあります。 Googleアカウントでログイン toggle固有のアカウントでログイン Googleアカウントでログインする場合は、下記写真のように右上をク …

AWSでWordPress運用 -AWSアカウント取得-

このブログの運用していう理由の1つにAWSを実際に運用してみたかったという記事をかきましたが、まず最初にやらなければいけないことが、AWSのアカウントを取得するところからになります。備忘録の意味もこめ …